WEBSpeechAPIによる音声認識

閲覧を遠慮したいサイトをチェックできるWEB

WEBSpeechAPIによる音声認識 セキュリティソフトの機能として閲覧の可否を示してくれるものがあります。検索エンジンなどでサイトを検索するときにそれぞれのサイトの可否を表示してくれます。問題なければOKとなっていてほとんどがこの表示です。一方一部のサイトは赤く表示されて閲覧を遠慮した方がいいと表示されます。どうしてもその中の情報を知りたい場合には無理してでもそのサイトに行くことがあるかもしれません。

この時に利用したいWEBサービスがあります。サイトの様子を見ることができるサービスです。まずは見たいサイトのURLを調べます。それを入力すると画面上に表示されます。通常はブラウザソフトから表示されるので、何らかの問題があればコンピュータに被害を及ぼすことがあります。危険な状態になることもあります。でもこのサービスを経由するときはブラウザから直接表示されるのではなく、表示されるのはサービス会社を経由します。

つまりは表示されているのは画像だけです。クリックなどが表示されていてもそれらは操作することは出来ません。サイト内のサービスを利用することは出来ませんが、直接行くことなく様子を見ることができます。サービスも利用したい場合には自己判断になります。見るだけで納得できることもあるので、問題があると表示されているときにはとりあえずこちらのサービスを経由してチェックするといいでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2019WEBSpeechAPIによる音声認識.All rights reserved.